アーティスト

KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE

KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE
KEIKENUK/DE

KEIKENUK/DE

KeikenとはアーティストのTanya Cruz、Hana Omori、Isabel Ramosが共同で2015年に設立したコラボレーション・プラクティスで、そこでは複数のコラボレーターが頻繁に共同作業を行う。彼らはロンドンとベルリンを拠点に活動し、さまざまなディアスポラの背景を持つメンバーで構成される(メキシコ人、日本人、ヨーロッパ人、ユダヤ人)。

仮想世界の集合的な共有空間、メタヴァースを構築。日本語で「経験」を意味するKeikenは、映像、CGI、ゲームソフト、インスタレーション、VR、AR、プログラミング、パフォーマンスなどを駆使して、フィジカルとデジタルを融合させたスペキュラティブな世界を創造する。彼らの作品は新しい構造や存在の仕方をシミュレートし、社会的イントロジェクションがどのように私たちの感じ方、考え方、知覚を支配しているかを探っている。

Battle of Reality - Video, 2021

『Battle of Reality』は、メタヴァースに転化した現代を反映しています。このCGIフィルムは人生をゲームとして概念化しており、プレイヤー(人々)は新しい分散型システムをナビゲートします。メタヴァースの中では、傷つき、誤解し、失うという感情のトークンがある一方で、美しさ、希望、変換の収集品も存在。2人の主人公MEとMIは、メタヴァースの中で自分自身を見つけ、個々の自分よりもはるかに充実した全体性に到達しようとします。

MUTEKs

Tokyo: 2021