スピーカー

Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP

Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP
Takashi Ikegami - University of Tokyo / Takashi Ikegami LaboratoryJP

Digi Lab 1

12.09 | 17:00_23:30 GMT+9
パネル | ALIFE = ART + SCI

Takashi IkegamiJP

84年東京大学理学部物理学科卒業、89年同大学院理学系研究科博士課程修了。90年神戸大学大学院自然科学研究科助手。94年東京大学大学院総合文化研究科広域科学専攻助教授に。2008年より現職。理学博士。複雑系と人工生命をテーマに研究を続けるかたわら、アートとサイエンスの領域をつなぐ活動も精力的に行う。著書に『動きが生命をつくる―生命と意識への構成論的アプローチ』(青土社2007)、『生命のサンドウィッチ理論』(講談社 2013)、『人間と機械のあいだ』(石黒浩との共著、講談社、2016)など。

どの人

複雑系と人工生命をテーマに研究を続けるかたわら、アートとサイエンスの領域をつなぐ活動も精力的に行う。

MUTEKs

Tokyo: 2020