スピーカー

Mars89JP
Mars89JP
Mars89JP
Mars89JP

Mars89JP
Mars89JP
Mars89JP
Mars89JP

Digi Lab 1

12.09 | 17:00_23:30 GMT+9
パネル | 2020年以降の音楽カルチャーにおける「多様性」の再定義

Mars89JP

Mars89は東京を拠点に活動するDJ、プロデューサー、コンポーザー。ブリストルのBokeh Versionsから2017年にEP「Lucid Dream」、2018年にEP「End Of The Death」をリリース。2019年にはUNDERCOVER 2019 A/Wのショーの音楽を手がけ、その音源とThom Yorkeらによるリミックスをコンパイルした12インチがUNDERCOVER RECORDSからリリースされた。2020年にはNatural SciencesからEP「2020」を発表。また、田名網敬一のドキュメンタリーフィルム、Louis VuittonやAdidasの広告映像、豊田利晃監督の映画『破壊の日』の楽曲を手がける。ブリストル拠点のラジオ局Noods Radioで現在レジデントをつとめている。

どの人

東京拠点のDJ、プロデューサー、コンポーザー

MUTEKs

Tokyo: 2020