アーティスト

Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP

Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP
Risa TaniguchiJP

Risa TaniguchiJP

幼少の頃からクラシック音楽に傾倒し、ピアノをはじめトロンボーンやバイオリン等の管弦楽に慣れ親しむ。東京外国語大学在籍中にクラブミュージックと出会い、2008年より本格的なDJ活動を開始。東ロンドンのアンダーグラウンドシーンで直に受けた影響を軸として、自身のレーベルからトラックのリリースを重ねつつ国内でのキャリアを積む一方、ADE 2019やSXSW 2017への出演、US・ヨーロッパでのツアーを成功させるなど、国内のみならず着実に全世界からの認知度を高めてきた。2018年Lyase Recordings (Italy) よりリリースされた"What Are You Doin"がMaceo Plex、Charlotte de Witte、Daniel Averyらによって支持された直後には、MaetrikやANNAなどのリリースで知られるClash Lion (Spain) から「Ambush」EPをリリース。海外初EPデビューを飾った本作は、Beatport Leftfield Techno & Houseチャートでトップリリース最高5位を記録した。

その後もPan-Pot主宰のSecond State、Dense & Pika主宰のKneaded Painsなどより精力的にEPリリースを重ね、ベルリンのWatergate、オランダのAmsterdam Dance Event (ADE) 2019にてSecond Stateのショーケース出演に抜擢されるなどヨーロッパでの認知度を着実に得つつ、硬派で中毒性のあるダークなサウンドで構成される自身の音楽を探求し続けている。

MUTEKs

Tokyo: 2021