アーティスト

Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina Rattéはモントリオールとマルセイユを行き来するカナダ人アーティスト。彼女の作品はビデオ、アニメーション、インスタレーション、彫刻、オーディオビジュアル・パフォーマンス、プリント、ヴァーチャルリアリティなど多岐にわたる。アナログ技術、写真、3Dアニメーションを駆使して、デジタル空間と物理的空間の影響や、それらの環境と主観性との相互作用を研究している。2019年と2020年、Sobey芸術賞にノミネート。パリのCharlot GalleryとモントリオールのEllephant Galleryで活動する。

Monades - Pigment ink printing (Animated versions), 2020

『Monades』は、彼女自身の身体を3Dスキャンして制作されたプリントシリーズで、デジタルで形を変え、解体し、再構築するための素材となりました。Donna J. Harawayのサイボーグの概念、Hans Bellmerのドローイング、ギリシャ神話など多くのインスピレーションがこのプロジェクトに反映されていますが、その根底にあるのは、自画像やデジタル世界における身体の位置についての考察です。自らの主観の限界に囚われているサイボーグ/女神たちは、個々の人間がより大きな現実の断片的な鏡であるというMonadの概念を体現しています。

リンク
Website
MUTEKs

Tokyo: 2021