アーティスト

THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP

THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP
THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP

THINK AND SENSE & Intercity-ExpressJP

THINK AND SENSE & Intercity-Express Stillness

松山周平 (Shuhei Matsuyama) はプログラマー、ビジュアルアーティスト。株式会社ティーアンドエス取締役兼THINK AND SENSE部部長。クリエイティブレーベルnorに所属。先端技術を活かしたアートインスタレーションや、空間演出、企業のR&Dを主に手掛ける。オーディオビジュアル作品、大規模なメディアコントロールシステムを含んだオフィス、商業施設の設計など多岐に渡る活動を行う。文化庁が主催する空港等におけるメディア芸術日本文化発信事業への作品「Stillness」は、英国Lumen Prize 2020 Shortlistにノミネート。

上之浦孝樹 (Koki Kaminoura) はプログラマー。株式会社ティーアンドエス・クリエイティブ部フロントエンジニア。ウェブの実装をメインに行う。数社でウェブアプリケーションの開発経験を経た後、THINK AND SENSEへジョイン。技術を通した新たな体験の創出を探求する。

Intercity-Expressは、音楽家・大野哲二によるサウンド / ビジュアルプロジェクト。90年代半ばより都内を中心にDJとしてのキャリアを経た後、本格的に楽曲制作をスタートさせる。広告音楽の世界と並行して、2014年からビジュアルプログラミングによって生成されたA/V作品「triggering」を発表。

MUTEKs

Mexico: 2020

Tokyo: 2020