アーティスト

Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO

Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO
Super Heavy MetalNO

Super Heavy MetalNO

ドラマーのKim Åge FuruhaugとシンセサイザーのNjål Paulsbergが共演するこのコンサートは、シンバルが主役。2人のアーティストが対峙し、シンバルのコンセプチュアルでリズミカルなインストゥルメンタルの特性を掘り下げ、デジタルとアナログのシンセサイザーを通してさらに音を歪め、抽出していきます。

SUPER HEAVY METALは、ドラマーKim Åge Furuhaugのソロプロジェクト。デビューアルバム『Music for cymbals』(2016) は、Steve Reich「Music for pieces of wood』(1973) へのオマージュであり、シンバルから派生した音をフルに表現することに焦点を当てたもの。先日リリースされたニューアルバム『Gong Splash Midi Midi』ではそのプロジェクトをさらに一歩押し進めている。ベルゲンのエレクトロニック / エクスペリメンタルサウンドのフェスティバルEkko Festivalが主催するこのコンサートでは、新しいマテリアルを使った初ライブが行われました。

Concert at Ekko Festival

Østre in Bergen, Norway, Nov 1st 2020.

Performed by Kim Åge Furuhaug and Njål Paulsberg.

Lightdesign by Silje Grimstad.

Photos by Oddbjørn Steffensen.

Video by M12 & KolibriMedia

どの人

ドラマーのKim Åge FuruhaugとシンセサイザーのNjål Paulsbergが共演するこのコンサートは、シンバルが主役。

MUTEKs

Tokyo: 2020

Mexico: 2020