アーティスト

Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR
Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina RattéCA/QC/FR

Sabrina Ratté ALIQUID

Sabrina Rattéはパリ在住のカナダ人アーティスト。アナログビデオ、3Dアニメーション、写真、印刷、彫刻、ヴァーチャルリアリティ、インスタレーションなど、デジタルイメージの多様な表現への関心が彼女の活動に表れている。新しい技術の継続的な統合が、建築やデジタル環境が私たちの世界認識に与える心理的な影響、ヴァーチャルな存在との関係といった彼女の作品を横断するテーマを形式的にサポートしている。2019年と2020年、Sobey芸術賞にノミネート。彼女の作品はラフォーレミュージアム(東京)、ケベック州立美術館(ケベック)、Thoma財団(サンタフェ)、PHIセンター(モントリオール)など複数の機関で国際的に発表されている。

「Aliquid」は、電子信号をデジタル操作して合成表皮を実体化させたシングルチャネル映像。ガラスの建築物の上にゆっくりと着地したこの未定義の物質は、鋭利なエッジによって引き裂かれ、最終的には崩壊して大気中に拡散する粒子になる。

どの人

アナログビデオ、3Dアニメーション、写真、印刷、彫刻、ヴァーチャルリアリティ、インスタレーションなど、デジタルイメージの多様な表現への関心がSabrina Rattéの活動に表れている

MUTEKs

Tokyo: 2020, 2019

Mexico: 2020