アーティスト

Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP

Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP
Kafuka & KezzardrixJP

Kafuka & KezzardrixJP

KafukaことKazuomi Eshimaは、関西を拠点に活動するプロデューサー。自然の音、サンプリング、音響プログラミングなどを取り入れ、様々な音をコラージュしたサウンド表現で知られる。2016年に京都のShrine.jp、2017年にベルリンのProject: Mooncircleからアルバムをリリース。今年、京都の電子音楽家Masahiko Takedaと共にインスタレーション作品『CYCLEE』や、アルバム『Inheritance for Soundscape』を発表している。クリエイティブレーベル・メディアラボ、Laatry主宰。

Kezzardrix
ことRyo Kandaは、プログラミングとDCCツールを駆使した表現で様々なアーティストのライブビジュアルやMVを手がける。舞台やインスタレーションなどの現代美術、デジタルサイネージやアプリケーション開発などのサポートプログラマとしても活動。アルスエレクロニカのAward of Distinctionを受賞したSjQ++をはじめ、ブラックメタルユニットVMO、比嘉了とのHEXPIXELSなど複数のユニットに参加。表現領域での活動を主軸とするプログラマ集団、backspacetokyoのメンバー。

どの人

関西を拠点に活動するプロデューサKafukaと、プログラミングとDCCツールを駆使した表現で知られるビジュアルアーティストKezzardrixによるコラボレーション

MUTEKs

Tokyo: 2020

Mexico: 2020