アーティスト

Florence ToUK
Florence ToUK
Florence ToUK
Florence ToUK

Florence ToUK
Florence ToUK
Florence ToUK
Florence ToUK

Florence ToUK

Florence To ALUCIIN

"ALUCIIN"は、動きと時間の関係性を検証するドリームテクスチャーのバリエーション。そこに合理的な体験はないが、時間と概念との間には不可欠な曖昧さがある。それは、同語反復システムや反復する抽象的フレーズの手法とは相対的であるが、古代を通して維持されている神話に関連する架空の意味においてである。

そのテクスチャーは、重要な夢と重要でない夢の区別が時間の経過とともに維持されるように、矛盾と二元性に内在する高度な反復的バリエーションへと展開していく。アニメーションに付随するサウンドは、鉄の棒を合成した自作楽器「Cyema」の録音によるもの。

アーティスト / ディレクターのFlorence Toは建築的な空間デザインに焦点を当て、サイトスペシフィックなプロジェクトにおいて音と光のインスタレーションをデザインし、生成するモーショングラフィックスを制作している。スコットランド生まれの彼女は2008年にグラスゴー美術大学を卒業し、テキスタイルと仕立てを専攻とするデザイン修士号を取得。2011年、そのスキルにデジタル技術を融合させ、地下や使用されなくなった空間の欠陥を利点として使用したインスタレーションを開発。様々な異なる建築環境での作業を通して、認知的、感情的なトリガーの影響を探り、空間内でどのように異なる感覚の配置が体験されるのかを探求している。

モントリオールのSociété des Arts Technologiques (SAT)、リムリックのThe Spatialization and Auditory Display Environment (SpADE)でレジデンスに任命されたほか、European Network for Contemporary Audiovisual Creation (ENCAC)の支援を受け、ヒホンのLABoral Centro de Arte y Creación Industrialでパフォーマンスとワークショップを行ってきた。2019年、彼女はBaraのGnrationとのアーティストレジデンス中に、ポルトガルの国際イベリアナノテクノロジー研究所のPhotonicsグループと一緒に活動し、光検出、生成、操作の背後にある科学を探求し、波長伝播プロセスが、内部光学の行動を正当化するためにどのように人間に優位性を与えることができるか学んでいる。

どの人

アーティスト / ディレクターのFlorence Toは建築的な空間デザインに焦点を当て、サイトスペシフィックなプロジェクトにおいて音と光のインスタレーションをデザインし、生成するモーショングラフィックスを制作している。

MUTEKs

Tokyo: 2020

Mexico: 2020