アーティスト

Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO

Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO
Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO

Elina Waage Mikalsen & Ingrid Kristensen BjørnaaliNO

Elina Waage Mikalsenはノルウェー・トロムソ出身の分野横断型アーティスト / ミュージシャン。現在はノルウェーのオスロを拠点にサウンド、ビデオ、パフォーマンス、インスタレーション、テキストベースのメディアの領域で活動。彼女の核となる素材は、身体、記憶、音響、演技の能力を持つ身体である。とりわけ女性の身体を探求しており、サウンドワークでは女性の声の可能性と限界を身体、歴史、ジェンダーの文脈の中で探求している。Elina Waage Mikalsenの作品は、サーミ人とノルウェー人という二重のバックグラウンドからたびたびインスピレーションを得ている。

Ingrid Kristensen Bjørnaaliは、ノルウェーのオスロを拠点に活動するクリスチャンサン出身のアーティスト。主にビデオアートとVJが活動の中心。彼女のビデオ作品では、様々なカメラ技術やソフトウェアを使って仮想的・物理的な風景を撮影し、人々がどのようにして場所、場所ではないどこか、物理的な物体、それらのデジタル表現と関わり、相互作用するのかを探求している。変換に基づくカメラを通して世界を見ることが、私たちの世界観や周囲の環境へのアプローチにどのような影響を与えるのか、それが彼女の探求の焦点である。

北極協会(Arctic Cathedral)でのコンサートで、Elinaは最新リリース作『Rođu Govkkit/Glenner i Vier』の初パフォーマンスを披露。Ingridによる、オスロ郊外森林保護地域の写真測量スキャンとビデオ映像を組み合わせたビジュアルの探求がそこに交わります。

どの人

Elina Waage Mikalsenはノルウェー・オスロ拠点の分野横断型アーティスト / ミュージシャン。Ingrid Kristensen BjørnaaliはビデオアートとVJを軸に活動するビジュアルアーティスト。

MUTEKs

Tokyo: 2020

Mexico: 2020